債権回収業者の取り立てを即日回避する方法

債権回収業者 取り立て

キャッシングやカードローンなどの支払いが
出来ない場合や長期に渡って延滞を繰り返したり

 

支払いを無視した場合は貸した側は自社での回収を
諦めて借金取り立ての専門業者、債権回収業者に依頼します

 

債権回収業者からの取り立てや催促状を見るだけでも嫌になりますよね
借金の延滞をしている事が周りにバレるのだって恥ずかしいことですし

 

そもそも借金していることだって隠しておきたいことだと思います
でもいくら督促状や取り立ての電話が来ても払うお金が無い場合
どうやって解決するかを紹介しますので参考にして下さい

 

債権回収業者って、そもそもどんな業者?

債権回収業者とは簡単に言えば借金の取り立て屋です
取り立て屋と言えばどんなイメージを持たれるでしょうか?

 

ドラマなどに出てくる取り立て屋といえば、いかにもという外見で
ドアを激しく叩いて大声で「金返さんかい〜」
あげくには殴る蹴るの暴行をはたらく借金取りのイメージがあると思いますが
債権回収業者は国に登録している会社ですので、まずそのような事態にはなりません

 

もしその様な事をされているなら国に登録していないモグリの業者の可能性が
高いですのですぐに消費者センターや全国サービサー協会などに相談しましょう

 

債権回収業者は債権の回収を自社では不能と判断された場合に
融資した会社に代わって債権を回収する業者になります

 

債権回収業務は以前までは弁護士だけが許可されていたのですが
1999年に「債権管理回収業に関する特別措置法」が施行されて以来
法務省から営業を許可された法人も参入できる事になりました

 

有名な債権回収業者をピックアップしてみると
日本債権回収株式会社、アビリオ債権回収株式会社、TSB債権管理回収株式会社
ニッテレ債権回収株式会社、株式会社整理回収機構、SMBC債権回収株式会社
オリックス債権回収株式会社、グローバル債権回収株式会社
セブンシーズ債権回収株式会社、札幌債権回収株式会社、トービル債権回収株式会社
パルティール債権回収株式会社、リボーン債権回収株式会社などがあります

 

借金や債権の回収だけでなく奨学金や税金、医療費や公共料金の未納、滞納などの
回収業務も債権回収業者の業務の中に入ってきます

 

取り立てすることは変わりません

国から許可をもらって債権回収業務をするのが債権回収業者ですが
無免許の債権回収業者のような手荒なことはしませんが
借金の取り立てには変わりません

 

会社に電話も掛けますし自宅に督促状だって送付します
業者によってバラバラですが周りに分からないように個人名で電話や郵便物を
送る場合もありますし債権回収業者の会社名で送る場合もあります

 

もし借金(債権)が払える場合であればいいのですが
現在の収入からはとても払えない場合は非常にストレスが掛かると思います

 

郵便物を無視したり、会社への電話を居留守を使って連絡が取れないようだと
一日に何度も連絡は来ますし、もしあなたが定職に就いていれば
強制執行で給料の差し押さえも最悪の場合行われます